« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

酔ったふりして

(男)酔ったふりして 言うんじゃないが
   お前 ほんとに いい女
(女)酔ったふりして 言うんじゃないわ
   あんた ほんとに いい男
(男)苦労かけたな お前には
(女)何を言うのよ 水臭い
(男・女)今日から二人 手を取り合って
(男)お前一筋
(女)あんた一筋
(男・女)生きてゆく

(男)酔ったふりして 言うんじゃないが
   お前 しみじみ いい女
(女)酔ったふりして 言うんじゃないわ
   あんた しみじみ いい男
(男)俺にはすぎた 女房だよ
(女)一緒になれて よかったわ
(男・女)今日から二人 手を取り合って
(男)お前一筋
(女)あんた一筋
(男・女)生きてゆく

(男)酔ったふりして 言うんじゃないが
   お前 ほんとに いい女
(女)酔ったふりして 言うんじゃないわ
   あんた ほんとに いい男

(男)酔ったふりして 言うんじゃないが
   お前 しみじみ いい女
(女)酔ったふりして 言うんじゃないわ
   あんた しみじみ いい男

|

悪徳駐車場

近所に新しく駐車場ができた。

土・日・祝、関係なく最高料金1000円。

すぐ向かいの前からあった駐車場も、最高料金1500円を1000円に値下げして対抗。

友人が1泊2日で遊びに来た。

夜中の12時を過ぎてから、その新しい駐車場に入れなおすよう薦めた。

翌日の19時に出庫、料金は2000円のはずだが、9500円。

管理会社に電話すると、現地確認に向かうので1~2時間ほど待ってほしい。

そのまま駐車場にいても料金がかさむので、とにかく出庫してくれという。

1万円札を何度入れても清算できない、1000円札しか受け付けないのだ。

コンビニで不要なお茶を買ってきて清算したが、領収書が出ない。

そこうしていると、相手から電話、12時間では行けないので、後日調査して連絡するとのこと。

車を出して入り口付近をよくよく見ると、A4の紙に小さな字で次のように書いてあった。

毎々、当社駐車場を御利用頂き本当にありがとうございます。この度、周辺地区が大変込み合います為、より多くのお客様にご利用頂けるよう、長時間の駐車を予防する措置として、11/2111/23 特定日営業の料金となります。どうかご協力くださいますようお願い申し上げます。

それなら目立つように大きな字で、最高料金は1000円ではありませんと書いておけ!!

友人には、すぐ向かいの駐車場を薦める。

薄暗い中、誰がそんな張り紙に注意して停めるもんか。

それが1123日のこと、いまだに連絡がない。

|

私は女

あなたは男 私は女
だから あなたに教えてあげる
女と別れるテクニック
きれいごとは言わないことよ
おまえがイヤになったから
この一言で 片がつく
いい子で いようと思わない
ヘタな慰め 言われると
女は惨めになるものよ

あなたは男 私は女
だから あなたに教えてあげる
女と別れるテクニック
女は未練でプライド高い
振られることには耐えられないの
だから あなたを嫌いにさせて
私に 「さよなら」言わせてほしい
ヘタな慰め 言われると
女は惨めになるものよ

|

おまえが言うなよ

民主党の事業仕分けについて、公開裁判だ、やりすぎだと自民党議員。

今まで長年にわたって、自民党がしてこなかったことをやっているだけ。

お蔭で、隠されて見えなかったものが見えてきたのだ。

自民党議員よ、君たちに事業仕分けについて批判する資格はない。

|

人生

時が知らぬ間にすぎてゆく
ぼやぼやしてると置いてけぼりだ
何かをするには短すぎ
何もしないなら長すぎる 
人は何のため生き
人は何のため死ぬ?
人生 人生って何だろう

時が音もたてずにすぎてゆく
トラなら死んでも皮を残せる
ボクは死んだら何が残せる?
焦る気持ちを抑えても
はやる気持ちを抑えても
いまだに全くわからない
人生 人生って何だろう

|

客が多いと対応が悪くなる

特に従業員は、同じ給料で、しんどさ・わずらわしさが増すだけなので・・・

秋の京都は人・人・人、人の渦。

特に清水寺、ここの市営駐車場はマイカー締め出し。

そのくせバス、タクシーは停めさせる。

乗車拒否は罪で、駐車拒否は罪ではないのか?

しかも駐車拒否?の看板は、駐車場の入り口まで行かないとない。

不親切極まりない。

清水市営駐車場よ!!いつまでも人が来てくれると思うなよ。

|

一回きりの人生だから・・・夫婦道

(男)一回きりの人生だから
   やりたいことをやり通す
   お前に泣きを見せたくないが
   男の夢だ 耐えてくれ

(女)一回きりの人生だから
   やってください 思い切り
   バカよ アホウと言われても
   信じています あなたのことを

(男女)一回きりの人生だから
(男) 俺はお前にかけてみた
(女) 私はあなたにかけました
(男) ついてくるかい 俺のあと
(女) ついてゆきます どこまでも
(男女)二人で拓く 夫婦(めおと)道

|

この不景気に

小沢氏が国会議員140人を含め総勢600人超で訪中という。

同じ民主党議員が、いろいろ言われながらも、事業仕分けで1円の無駄も省こうとしているときに・・・

そんなに多人数で行く必要性、目的を明確にし、それだけの実績を上げ、国民に報告の義務がある。

それにしても、他人(ひと)のカネだと思って、遠慮会釈なしによく使うよなあ。

|

私は熱帯魚

私は熱帯魚
煮ても 焼いても 食べられないわ
悔しいでしょうね 抱けないなんて
そうよ あんたは見てるだけ
じっと 私を見てるだけ

私は熱帯魚
綺麗な魚にゃ毒がある
手出しをすると ケガするわ
そうよ あんたは見てるだけ
じっと 私を見てるだけ

私は熱帯魚
あんたなんかにゃ 高嶺の花よ
指を咥えて 見ておいで
そうよ あんたは見てるだけ
じっと 私を見てるだけ

|

秘書の犯罪

「秘書の犯罪は政治家の犯罪、離党ではなく離職する」と野党時代の鳩山氏。

それが今は、一切与り知らぬで押し通す。

この豹変振りはどうだ。

もっと納得いくように丁寧に説明すべきだ。

|

せめて今夜は

あなたのやさしい微笑が
消えて半年たちました
お別れなのね わたしたち
いろんなことがあったけど
せめて今夜は せめて今夜は

心変わりを責めるより
こんな運命(さだめ)を怨みます
おしまいなのね わたしたち
いろんなことがあったけど
せめて今夜は せめて今夜は

うらみつらみを言うよりは
黙ってきれいに別れます
明日(あす)から他人の わたしたち
いろんなことがあったけど
せめて今夜は せめて今夜は

|

どっちが本当?

「君子危うきに近寄らず」といいながら「虎穴に入らずんば虎児を得ず」という。

「善は急げ」といいながら「急いてはことを仕損ずる」という。

一体どうすればいいんだといいたくなるが・・・

実はどちらもやらなければならないのである。

つまり、TPOで使い分けなければならない。

一点を見て思い込むのではなく、柔軟性が必要なのだ。

|

ダイヤモンドダスト

黒いショールに細い肩
後ろ姿が泣いている
恋に疲れた女がひとり
ダイヤモンドダスト きらきら
風に舞う

怨んじゃいません あなたのことは
みんな運命(さだめ)とあきらめました
木陰にたたずむ女がひとり
ダイヤモンドダスト きらきら
風に舞う

あなたのために別れます
覚えておいてね わたしのことを
涙ぐんでる女がひとり
ダイヤモンドダスト きらきら
風に舞う

|

徳川家康の言葉

「人生は重き荷物を背負い、遠き道を行くが如し。

急ぐべからず、焦るべからず」

でも、ときどきでいいから急がないとねー

でも、ときどきでいいから焦らないとねー

人生、長いようで短いんだから・・・

|

明日を信じて

ちょっと お待ちよ 死ぬなんて
死んで 花実が 咲くわけじゃなし
死ぬ気になれば 何だって
きっと できるよ 死ぬ気になれば
山より でっかい 猪(しし)は出ん
明日を信じて 生きようよ

ちょっと お待ちよ 死ぬなんて
死んでも 何も 解決しない
可愛い家族が 泣きをみる
死んだ 気持ちで やり直せ
この世のことは この世で収まる
明日を信じて 生きようよ

  夜空の星を見てごらん
  あんなにたくさんある中の
  1つの星がこの地球

|

捨てる神あれば 拾う神あり

一生懸命生きてれば いいことあるさ そのうちに

人生 何が幸せで 何が不幸か 後になってみないとわからない

|

帰りたい 帰れない

親の反対 押し切って
一緒になった 私たち
帰りたい 帰れない
わたしとあんたは綱渡り

世間の噂に 耐え切れず
故郷を捨てた 私たち
帰りたい 帰れない
わたしとあんたは綱渡り

退(ひ)くも地獄 進むも地獄
進むしかない 私たち
帰りたい 帰れない
わたしとあんたは綱渡り

|

どうなってんの?

「そんなのあるんですか?」と、すっとぼけた平野氏。

官房機密費のことだ。

総選挙で、政権交代が明らかになった2日後に25千万円も引き出した自民党河村氏。

その説明責任はないという。

身内には甘く他人には厳しい。

そんな法律がおかしい。

民主党も野党時代は、官房機密費公開を叫んでいた。

が、政権を取った途端、公開しないと公言。

河村氏の件についても追及しないという。

そんなアホな話があるか。

有権者が民主党に投票したのは、自民党と違う斬新な政治を望んだからだ。

自民党と同じなら、自民党と同じ道を辿るだけだ!!

|

おしかけ女房

口(くち)下手で 世渡り下手な男(ひと)だから
他人(ひと)に 誤解をうけるのよ
そんな あんたが気がかりで
ひとりになんてできないわ
おしかけ女房と いわれても
一生 あんたのそばにいる

正直で けがれを知らない男(ひと)だから
他人(ひと)に 騙され 傷つくの
そんな あんたが気がかりで
ひとりになんてできないわ
おしかけ女房と いわれても
一生 あんたの世話をやく

|

どうでもいい話

海老蔵が、誰と付き合おうと、別れようと、結婚しようと、それはどうでもいい話。

朝・昼・晩とニュースで報道すること?

視聴者も、そんなことより、自分の頭の上のハエを追ったら・・・

|

心配しないで

どうせ 私は 酒場の女
さびしさ まぎらす 夜の蝶
わかっていました はじめから
あなたの嘘を真に受けて
夢を託した 私が馬鹿ね
心配しないで 私のことは
やけになったりしないから

どうせ 私は あなたのおもちゃ
一時しのぎの 雨宿り
わかっていました はじめから
ガラス細工の幸せに
夢を託した 私が馬鹿ね
心配しないで 私のことは
やけになったりしないから

|

借金まみれ

不景気で来年の税収が40兆円を切るという。

それなのに、概算要求は95兆円。

そのうちの23兆円を削るのに大童で、足らずの50兆円を赤字国債。

民主党のいう120兆円の特別会計はどうした?

120兆円ではきかないだろうが、特別会計さえ白日の下にさらせば解決はつく。

|

ひとり日本海

あなたを忘れ 思い出 捨てて
たとえ 明日(あした)が つらくとも
強く生きるの 今日からは
ひとりで生きると 決めました
風が巻く 雪が舞う
波が砕ける 日本海

過去(むかし)を忘れ 涙を捨てて
どんなに 明日(あした)が つらくとも
ひとりで生きるの 今日からは
孤独に耐えると 決めました
風が巻く 雪が舞う
波が砕ける 日本海

|

建設と破壊

公益法人・財団法人など仰々しい名を付けてはいるが、何のことはない役人の利益団体。

新設するときはこっそりと、しかも予算は闇の中。

それを白日の下にさらし、是正しようとすれば既得権益を守るべく徹底抗戦。

いっそのこと、完膚なきまでの破壊を行い、必要なものは国民監視の下、役所にやらせる。

そうすれば、一番すっきりする。

役人任せ、議員任せが一番いけない。

|

落ち込まないで

今日(きょう)は 確かに 昨日(きのう)と違う
明日(あした)も 今日(きょう)とは違うはず
だから 元気を出して 
落ち込まないで
明日(あす)を信じて 生きようよ

雨の日ばかりは 続かない
きっと いつかは 晴れる日が
だから 元気を出して 
落ち込まないで
明日(あす)を信じて 生きようよ

|

隠れ天下り

役人の狡賢さを言い得て妙。

理事長・理事なら天下り公表、世間の批判にさらされる。

参事という名であれば、年収など待遇を公表しなくていいという。

そのくせ、年収は役員と大差ない。

ひとの金だと思って、気前よく使ってくれるよなあ。

他にもいっぱいあるだろうから、徹底的に調べ、徹底的に摘発することだ。

|

生きてて よかった なあ おまえ

一(ひと)山二(ふた)山三(み)山越え
苦労 山坂 乗り越えて
やっと掴んだ 幸せに
嬉し涙で 目もうるむ
生きてて よかった なあ おまえ

時が移れば 季節も巡る
冬が過ぎれば 春が来る
泣いた過去(むかし)は きっぱり忘れ
涙の分だけ 幸せを
生きてて よかった なあ おまえ

昨日(きのう)までの 悲しみを
拾い集めて 焼き捨てる
涙流して 泣いた日を
笑って 話せるときが来た
生きてて よかった なあ おまえ

|

事業仕分けで見えてきたこと

二重行政のムダ。

つまり、役人が天下り先を作り、国家国民ではなく、いかに私利私欲に走っていたか。

それを自民党馴れ合いの下、拡張に次ぐ拡張。

役人の狡猾さ、自民党の頼りなさ。

公開処刑という人もいるが、元々国民が納めた税金だ。

言われなくても、国民にわかりやすく説明するのが筋。

今まで、それをしなかったのがおかしい。

させなかった自民党の職務怠慢!!

もっとも、国民にわかりやすく説明されると、都合の悪いことが多すぎて・・・

|

男の夢

(男)夢も希望もなくした俺に
バカよアホウと鳥が鳴く
山の緑も青空も
関係ねえやと すねては見たが
一生 一度 大輪の花を咲かせて
世に出たい

(女)夢も希望もなくして すねて
そんなあんたは嫌いです
ヤケになっても どうにもならぬ
杖になります 私でよけりゃ
一生 一度 大輪の花を咲かせて
男なら

(男)苦労かけるなあ おまえには
(女)いいのよ 私が惚れたのだから
(男)もう一度 一から出直しだ 
(女)そうよ その意気 その調子
(男・女)一生 一度 大輪の花を咲かせて
(男)見せるぜ きっと
(女)見たいわ あんた 待ってるわ

|

母親

「母親とは?」を考えると「女とは?」が見えてくる。

社会の最小単位である「家庭」をうまく運営する。

そのためには、単純・単細胞の男をうまく手のひらの上で転がす。

釈迦が孫悟空を手のひらの上で遊ばせたように・・・

男はいつまでたっても「ガキ大将」。

これさえ分かっていれば、良妻賢母・いい女!!

自分自身も腹は立たない。

|

あなたに 逢いたい

雨が しとしと 降ってます
しずくが 窓を つたいます
ガラスに 映る 薄化粧
ひとりが つらい
あなたに 逢いたい 雨の夜

雪が しんしん 降ってます
吹雪が 窓を たたきます
体が寒い 心が凍る
ひとりが さむい
あなたに 逢いたい 雪の夜

霧笛が 切なく 泣いてます
街の灯りが 揺れてます
明日が 見えない 夜化粧
ひとりが 悲しい
あなたに 逢いたい 霧の夜

|

父親

「父親とは?」を考えると「男とは?」が見えてくる。

経済的安定を図り、家族をまとめ、家族共通の目的を達成したり、家族共通の敵に立ち向かう。

できなければ社会や会社からはじき飛ばされるので、周囲に対する細やかな気遣い・気配りができる。

外で気を使った分、家では大将でいたい。

いつまでたっても「ガキ大将」。

|

今はひとりに・・・

忘れていいのよ 私のことは
いつか こうなる運命(さだめ)なの
悲しいけれど 泣かないわ
今は ひとりにしておいて
今は そっとしておいて

愛してあげて あの女(ひと)を
いつか こうなる運命(さだめ)なの
言い訳なんか 聞きたくないわ
今は ひとりにしておいて
今は そっとしておいて

心配しないで 私のことは
いつか こうなる運命(さだめ)なの
何も言わずに 出て行って
今は ひとりにしておいて
今は そっとしておいて

|

姿が見えない

鳴り物入りで大仰に喧伝された、その名もおどろおどろしい国家戦略局。

その後、一切、音沙汰がない。

登場が遅くなればなるほど、出にくくなるが・・・

今、どこで、何してる?

情報公開が、大前提ではなかったか!?民主党!!

|

つらくはないですか

つらくはないですか
思い出に生きるのは
過去に迷い込み
明日が見えない
そんな人生
つらくはないですか

悲しくないですか
別れた人を思うのは
幸せが目の前にあるのに
気付かない
そんな人生
悲しくないですか

寂しくないですか
ひとりじゃないのに
虚勢を張って
世の中斜めに見るなんて
そんな人生
寂しくないですか

|

癒着

事業仕分けから見えてきたこと。

55年体制以来、自民党が中心となって政権運営してきた。

その結果、政官の癒着。

役人のやりたい放題、税金のムダ遣い。

民主党よ!!もっともっと厳しくやれ!!

|

本命はあんた

あんたの気持ち知りたくて
あの人の誘いにのったふり
それをまともに受け取るなんて
あんたはなんてうぶな人
本命はあんた
私の狙いはあんたなの

あんたにふられの怖いから
話し相手はほかの人
だけど私の心には
ほかの男は住めないの
本命はあんた
私の狙いはあんたなの

ほかの男はあて馬なのに
どうしてあんたは気づかない
本命はあんた
私の狙いはあんたなの

|

男と女

トーク番組で女の話題は、夫・子ども・家庭のこと。

男は、たいてい仕事・社会のこと。

それぞれの特性が違うので、関心事が違って当たり前のこと。

ここから、男と女の役割が見えてくる。

|

夢咲峠(ゆめさきとうげ)

越えた七坂七曲がり
曲がりくねった茨道
体も心も傷だらけ
もう一息の辛抱だ
この坂越えれば花開く
誰が名づけた 夢咲峠
夢の花咲く 夢咲峠

口にゃ出せない苦労もあるが
いつか笑って話せるときが
きっと来ると信じて生きた
もう一息の辛抱だ
この坂越えれば花開く
誰が名づけた 夢咲峠
夢の花咲く 夢咲峠
 

真面目に生きれば報われる
もう一息の辛抱だ
この坂越えれば花開く
誰が名づけた 夢咲峠
夢の花咲く 夢咲峠

|

もういいだろう!?

どんな親でも、わが子を殺人犯にしようと思って育てる親はいない。

未成年ならいざ知らず、30歳にもなった息子の犯罪に親のコメントが必要か。

事件直後から世間に対し、申し訳なく顔向けできない、できれば死にたいと毎日送ってきたであろう両親。

その両親に、知る権利・報道の自由という大義名分を振りかざし、追い討ちをかけるマスコミ。

両親も、わが子が何故そんな罪を犯したか知りたいのだ。

罪を償わなければならないのは、市橋達也本人である。

子どもは成人すれば、親の管理・監督責任はなく、完全に別の一個人である。

いつまでも親を引っ張り出すのは止めてやれ。

普通の親なら十分苦しんでいる。

|

我慢坂

(男)世渡り下手で 口(くち)下手で
お世辞の言えぬ この俺に
おまえは黙って 尽くしてくれた
いつも笑顔を 絶やさずに
明るく振舞う いじらしさ
口にゃ出さぬが 人並みの
幸せやりたい 愛しいおまえ

(女)うれしい あんた その気持ち
口先だけの やさしさに
惹かれる年齢(とし)は過ぎました
本音で生きる あんたの姿
好きです あんた そのままで
いつも そばに いてください
私の心が なごみます


(男)いろいろあったな なあ おまえ
(女)いろいろあったわ ねえ あんた

(男・女)長い人生 茨道
曲がりくねった 七曲がり
胸突き八丁の我慢坂

(男)越してしまえば
(女)越してしまえば

(男・女)笑って話せるときがくる

|

ええ加減にせえ!!

政権交代の意味は、それまでの政権の悪を暴き、よい方向に導くのが第一の目的。

それを、官房機密費なんて聞いたこともないと平野氏。

だったら、民主党が野党時代、党首であった鳩山氏が追及したのは絵空事なのか?

ウソをつくと自分に返ってくることを自覚せよ。

それにしても、政権を取るとこうも変わるのか。

ええ加減にせえ!!

|

今が我慢だ 辛抱だ

ツキのないときゃ 動いちゃダメだ
ヘタに動けば ケガをする
今が我慢だ 辛抱だ
できる我慢は 誰でもするが
できぬ我慢を するのが我慢
できぬ我慢を したあとにゃ
きっと 花咲くときがくる

つらい 苦しい 情けない
逃げたいときも 度々あるが
今が我慢だ 辛抱だ
できる我慢は 誰でもするが
できぬ我慢を するのが我慢
できぬ我慢を したあとにゃ
きっと 夢咲くときがくる 

今が我慢だ 辛抱だ
できる我慢は 誰でもするが
できぬ我慢を するのが我慢
できぬ我慢を したあとにゃ
きっと 花咲くときがくる
きっと 夢咲くときがくる

|

女の美学

なんだかんだ言っても、男は女にかなわない。

なぜなら、男も女も、みんな女から生まれてくる。

戦場で死ぬとき、「お母さん」はよく聞くが、「お父さん」はあまり聞かない。

子どもに対する愛情、家庭を守る意識は卓越している。

女性の皆さん!!被害妄想に陥らず、男を手のひらで転がす余裕を持ちましょう!!

|

くやしいけれど

おまえとふたり どこまでも
死んでも おまえを離さない
そんな言葉を 真に受けて

心を許した 私がバカね
あなたを信じた 私がバカね
くやしいけれど 別れてあげる

あなたの心が あの女(ひと)に
移ってしまった あの日から
私の心に 風が吹く
あなたに逢わせた 私がバカね
あなたを信じた 私がバカね

くやしいけれど 別れてあげる

罪な男ね あなたって
親友だったの 私たち
彼女が私を裏切るなんて
彼女を信じた 私がバカね
あなたを信じた 私がバカね

くやしいけれど 別れてあげる

|

人間らしさ

鳥取で35歳の女が3人~5人の男を殺した疑いのある事件。

島根で行く方不明の女子大生の頭部が広島県境の山間部で見つかった事件。

34歳の結婚詐欺の女の事件といい、なんとも殺伐とした事件が続く。

世の中、不景気で食うや食わずの時代、人間らしさが失われていく。

自分のことで精一杯、そのためなら他人の命など知ったことかという生き方。

衣食足らなければ、礼節なんて関係ない。

しみじみ政治の荒廃、教育の荒廃を感じる。

|

ビルの谷間で

またひとつ人情が消えていく
ショベルカーが うちの長屋を壊してく
きれいなビルが建ち並んでも
人のぬくもり感じひん
もうすぐ夏やのに
うちの心に冷たい風が吹いている

ビルの谷間の長屋やったけど
いっぱい咲いてた人情の花を
ブルド-ザーが踏み散らし
ダンプカーがどこかへ捨てた
もうすぐ夏やのに
うちの心に冷たい風が吹いている

隣のおばちゃん 角のおっちゃん
みんな世話好きで涙もろい ええ人やった
どこへ行ってしもたんや
どこで どなして暮らしてる
もうすぐ夏やのに
うちの心に冷たい風が吹いている

|

しっかりせえ!!

3回も「舛添大臣にお答えします」と言ってしまった長妻氏。

忙しくて誰が大臣なのか忘れてしまったのか。

大臣はあんた!!

もっと自覚を持たなくちゃあ~~~

|

深情け

あなた あなたは私の命です
だから誰にも渡さない
ほかの誰かを愛したら
あなた 殺して私も死ぬわ
そうよ 私は深情け
情の強(こわ)い女です

あなた あなた死んだら私も死ぬわ
あなたなしでは生きられないの
命をかけた恋だから
あなたを追って私も死ぬわ
そうよ 私は深情け
情の強(こわ)い女です

|

結婚詐欺

昔は騙されるのが、世間知らずの若い女か、結婚を焦っているオールドミス。

つまり、騙すのが男で、泣くのが女。

それが今では、騙すのが女で泣くのが男、それも分別のある熟年。

しかも、金のみならず命まで取られるとは・・・

世の中変わったものだ。

|

もうおしまいね

もうおしまいね わたしたち
楽しい日々が続いたけれど
それはガラスのつくりもの
いつか壊れる日が来ると
心のどこかで感じてました
今日でおしまい わたしたち
あなたの心が離れてゆく
私の心が泣いてます

もうお別れね わたしたち
愛を重ねた ふたりの部屋を
私ひとりで片付けてます
あなたの匂いがしみついた
思いで残らず焼いてます
今日でお別れ わたしたち
あなたの心が離れてゆく
私の心が泣いてます

|

5万円以下は金ではない!?

年間5万円以下の献金は匿名でいい?

それで鳩山氏は、13千万円もの献金を無記名にした。

全員5万円と仮定すれば2600人。

この法律を審議するとき、この抜け道は防いでおかないと思わなかったのか?

どんな ど素人であろうと思いつくことだ。

最初から抜け道だらけの法律を通過させておいて、「法律に則り適切に処理している」とは開いた口が塞がらない。

国民には1円の領収書を要求するくせに、自分にはなんと甘いことか。

自分で自分を縛る法律を立案・審議するシステムを改めないと、どうしようもない。

民主党にできることは、これら抜け道だらけの法律を改めることだ。

|

憎しみを込めてさようなら

あんなやつ 死んでしまえばいいんだと
思う心が やるせない
憎んでも 憎んでも 憎みきれない
面影が 瞼に浮かんで また消える
憎しみを込めて さようなら

あんなやつ 不幸でいればいいんだと
あおるやけ酒 やるせない
憎んでも 憎んでも 憎みきれない
面影が グラスに浮かんで また消える
憎しみを込めて さようなら

あんなやつ 苦しんでればいいんだと
ふかすタバコが やるせない
憎んでも 憎んでも 憎みきれない
面影が 煙に浮かんで また消える
憎しみを込めて さようなら

|

悪い女

寂しい熟年の男を手玉に取り、贅沢三昧。

それをブログに載せ、自慢、そして次の男を釣る餌に・・・

騙すならまだしも、殺した可能性も・・・それも4人以上。

何者だ、この女は?

|

今を大事に

過去は今日の積み重ね
今を大事に生きようよ

未来は今日の積み重ね
今を大事に生きようよ

今日は二度とめぐってこない
今は二度とめぐってこない

今日を大事に
今を大事に

|

「なるべく」「できるだけ」

「なるべくマニフェスト実現に努力する」と前原氏。

「できるだけマニフェスト実現に努力する」と鳩山氏。

有権者は、「なるべく」とか「できるだけ」を期待して投票したのではない。

自公政権とは違う斬新さを期待した。

反故の代名詞となった公約の代わりに、工程表までつけて登場させたのがマニフェストだ。

それを「なるべく」とか「できるだけ」で誤魔化しては、有権者への裏切りだ。

マニフェストは、「絶対実現」を期し、できないときは詳細に説明責任を果たす。

そうでなければ、マニフェストは、公約の二の舞になり、誰も信用しなくなる。

そして、政治・政治家は、ますます信用を失っていく。

|

ひとり泣く

幸せでした 昨日まで
せめて そうでも思わなきゃ
私の人生 何だったかしら
自分で自分を慰める
寂しい夜を ひとり泣く

あなたのいない この部屋に
一人いるのは つらいけど
きっと いつかは帰ってくると
待ってる 性(さが)が悲しくて

せつない夜を ひとり泣く

|

あなたたちに言われたくない

自民党議員に対してはそうであろう。

が、国民が「ええ加減にせい!!」と思っているとしたら・・・

国民は、消費税値上げ論議の前にムダ遣いを徹底的に排除するという民主党の公約に賛同した。

ムダ排除というからには、今までの予算内で公約実現と思うのが普通。

それを消費税こそ言及しないが、環境税など次から次へ出してくる。

それなら選挙前に言え!!

|

強がり

切ない 悲しい 怨みます
あなたの裏切り ひどすぎる
だけど 私は泣きません
泣けば泣くほど みじめになるわ
いいのよ いいの 好きにして
せめて強がり言わせてよ

心変わりを責めるより
私の運命(さだめ)怨みます
だけど 私は泣きません
あんな男の 一人や二人
欲しけりゃ あげるわ 熨斗つけて
せめて強がり言わせてよ

|

次回当選が新人議員の仕事!?

が名目で、事業仕分けから14人引き揚げた小沢氏。

「聞いてない」のも激怒の理由。

国会議員一人維持するのに年間6400万円の税金がつぎ込まれている。

それを、新人議員が次回選挙に当選するため使われては堪らない。

国民生活をよくする政治活動に使われなければならない。

自分の力で多くの新人議員を当選させたと思っている小沢氏。

だから、囲い込みをして勢力確保しておきたいのだろうが・・・

親分子分の意識を捨てて、公務中心に考えないと国民にNOを突きつけられるぞ。

|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »