« 親バカとバカ親 | トップページ | ガソリン狂想曲 »

きっと いつかは

アスファルトの ほんの小さな 隙間から
顔出し 芽をふく 雑草の
強く 雄々しく 逞しい
生きる精神(こころ)を 俺も持ちたい

今が どんなに つらくとも
雪の日ばかり 続かない 
真面目に 生きれば 
きっと いつかは 報われる・・・
やがて 芽をふく 季節(とき)が来る

夢灯り どんなに遠くで かすんでも
明日を信じて 生きるのさ
木枯らし吹いて 夢が散っても
きっと いつかは 春の陽が・・・
冬が過ぎれば 春が来る

|

« 親バカとバカ親 | トップページ | ガソリン狂想曲 »