« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

はぐれ鳥

あんな女の 一人や二人
欲しけりゃ やるぜ のしつけて
止まり木ゆれて はぐれ鳥
背中が 泣いてる 未練酒

強がりばかりの 人生は
やけに淋しい 悲しいぜ
止まり木ゆれて はぐれ鳥
背中が 泣いてる 一人酒

愚痴は言うまい こぼすまい
二人で夢見た 宝船
止まり木ゆれて はぐれ鳥
背中が 泣いてる 手酌酒

|

民主党に明日はない

党首は二枚舌。

幹事長はカネまみれ。

マニフェストは守らない。

国民の期待が大きかっただけに、また落胆も大きい。

こんな党に日本は任せられない。

|

不親切の極み

UFJマスターカードの引き落としが毎月10日。

それに間に合うように銀行に入金手続に行った。

いつもは通帳でATM処理をするのだが、磁気が切れて入金できない。

窓口に行くと登記簿謄本が必要という。

自分の口座に入金するのに何故登記簿謄本がいるのか?

それも30年も付き合いのある銀行だ。

鬱陶しいから引き落とし口座を変えるつもりで入金せずに帰ってきた。

そして、1週間ほどして引き落とし口座変更手続のためUFJマスターカードに電話。

すると、カードが使用停止にしてあるという。

 

通常、一般社会常識は引き落とし期日に引き落としができなければ、丁寧な再引き落としの案内があり、それでも入金がなければ法的手段という手順だろう。

公共料金でも年金や税金でさえもそうだ。

それをサービスを売り物にするカード会社が、何の案内もなくブラックカードに載せるとは・・・

不親切の極み、よくサービス業を名乗っていることだ。

|

屋台酒・ひとり酒・未練酒

あんな女のひとりやふたり
欲しけりゃやるぜ熨斗つけて
口じゃ強がり言いながら
肩が泣いてる屋台酒

忘れるためのはしご酒
飲めば飲むほど思い出す
寂しいもんかと言いながら
肩が寂しいひとり酒

殺したいほど憎らしい
あんな女がどうなろと
知っちゃいねえと言いながら
肩が揺れてる未練酒

|

なにこれ!?

各党が参議院選挙に担ぎ出したのは、スポーツ選手、タレントのオンパレード。

到底、政治に造詣が深いとは思われない輩ばかり。

名前の知られている人間を出しておけば、アホの国民が食いつて来るとの思惑が見え見え。

それだけに腸(はらわた)が煮えくり返り、腹の虫が収まらない。

我利我利亡者の政治屋たちに眼に物見せてやらねばならんのだが・・・

|

因果は巡る

政治倫理審査会は小沢一郎が作った。

その小沢が政治倫理審査会に出てもよいという。

「因果は巡る」と思ったが、どっこいそうは問屋が卸さない。

原則非公開、議事録の公開も制限、偽証罪にも問われない。

抜け道だらけのザル法だ。

さすが政治屋、やることに抜け目がない。

|

「お詫び」と「お願い」

新規事業立ち上げの準備のため、以前のように毎日更新ができなくなりました。

毎日熱心に、ご来訪いただいている方にお詫び申し上げます。

とはいえ、これで終わるわけではありません。

余裕ができれば、できるだけ更新しますので、今後ともよろしくお願い致します。

|

舐めとんか?

有名人、人気者を出しとけば票が集まると思っているのか。

議員は全くのど素人で務まる楽な仕事か。

そんな楽に仕事に、多額の税金がつぎ込まれているということか。

国民は舐められている。

選挙で思い知らせてやらなければなるまいが・・・

悔しいことに入れる党がない。

|

明日(あした)天気になーれ

今日がどんなに辛くても
今日とは違う明日(あす)がある
明日(あした)天気になーれ

今日がどんなに貧しくても
今日とは違う明日(あす)がある
明日(あした)天気になーれ

今日がどんなに苦しくても
今日とは違う明日(あす)がある
明日(あした)天気になーれ

今日がどんなに悲しくても
今日とは違う明日(あす)がある
明日(あした)天気になーれ

今日がどんなに寂しくても
今日とは違う明日(あす)がある
明日(あした)天気になーれ

今日がどんなに吹雪いても
今日とは違う明日(あす)がある
明日(あした)天気になーれ

|

罪な話

去年の今頃、どこまで行っても高速料金1000円の初めての大型連休。

国民は、あわててETCをつけ、みんな出かけた。

結果、道路は大渋滞。

そのとき、民主党は、高速道路は無料化する、ETCはつける必要はないといった。

ところが、どうだ!?

高速料金1000円を廃止、2000円にすると民主党が言い出した。

だから、国民は、1000円のうちに楽しもうと、みんな出かけた。

結果、またまた大渋滞。

それを決めた政治屋たちは、国民の税金でゆっくり豪華に外遊中。

罪な話だ。

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »