« きっといつかは | トップページ | 期待と失望 »

増税論議の前に

赤字になればすぐ増税ということに、常々、違和感を抱いていた。

それは、国民を借金まみれし、増税という痛みを国民に押し付け、自らの失政に責任を取らない政治屋の姿。

自民党も民主党も言うことがまるで他人事。

プロとして高い給料を取っているのだから、それに見合う仕事をして当然だ。

できなければ、総括して、国民にお詫びをするのが筋だろう。

その上で、議員定数を減らし、歳費を減らせ!!

当事者の政治屋が、知らぬ顔の半兵衛を決め込み、無垢の国民が、1億総懺悔の手口はもう古い。

他人の仕分けより、自らの仕分けが先だ。

誰も責任を取らないから、同じ失敗を繰り返しても平気でいられる。

|

« きっといつかは | トップページ | 期待と失望 »