« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

我慢坂

 

(男)世渡り下手で 口(くち)下手で
お世辞の言えぬ この俺に
おまえは黙って 尽くしてくれた
いつも笑顔を 絶やさずに
明るく振舞う いじらしさ
口にゃ出さぬが 人並みの
幸せやりたい 愛しいおまえ

(女)うれしい あんた その気持ち
口先だけの やさしさに
惹かれる年齢(とし)は過ぎました
本音で生きる あんたの姿
好きです あんた そのままで
いつも そばに いてください
私の心が なごみます


(男)いろいろあったな なあ おまえ
(女)いろいろあったわ ねえ あんた

(男・女)長い人生 茨道
曲がりくねった 七曲がり
胸突き八丁の我慢坂

(男)越してしまえば
(女)越してしまえば

(男・女)笑って話せるときがくる

|

大義

いやしくも政治に携わるものの大義の対象は、国家・国民である。

それを自分が小沢氏を民主党に引き入れたとか、総理大臣にしてくれたとかで、大義を果たすといった鳩山氏。

おかしいと思い直したのか、モスクワでは恩義という言葉を使ったが・・・

すべてが個人的なことで、大義ではない。

個人的な恩義を国政に持ち出されても戸惑うばかりだ。

大義を果たすというなら、貴兄の言葉を信じて民主党に投票した有権者に果たすべきだ。

|

お人好し

騙すより 騙されるほうがいい
あなたは いつも口にした
他人の うそを そのまま信じ
しわ寄せ受けても 笑って耐える
そんな あなたが 大好きでした

頼まれごとは 断りきれず
自分のことは 後回し
他人のために 駆けずり回り
恩には着せない お人好し
そんな あなたが 大好きでした

|

信用できん

ガソリン暫定税率廃止を約束しながら、政権を取るや否や存続とした小沢氏。

その小沢氏がマニフェストを守れとは・・・

マニフェストを何の説明もなく平気で変更する菅氏。

「総理大臣を経験した者は政界に影響力を残すべきでない」として、政界引退を表明した鳩山氏。

その鳩山氏が、前言を翻し大きな顔で影響力を行使する。

政治家は信用が基本だが、誰一人信用できん現状ではどうしようもない。

|

今が我慢だ 辛抱だ

 

ツキのないときゃ 動いちゃダメだ
ヘタに動けば ケガをする
今が我慢だ 辛抱だ
できる我慢は 誰でもするが
できぬ我慢を するのが我慢
できぬ我慢を したあとにゃ
きっと 花咲くときがくる

つらい 苦しい 情けない
逃げたいときも 度々あるが
今が我慢だ 辛抱だ
できる我慢は 誰でもするが
できぬ我慢を するのが我慢
できぬ我慢を したあとにゃ
きっと 夢咲くときがくる 

今が我慢だ 辛抱だ
できる我慢は 誰でもするが
できぬ我慢を するのが我慢
できぬ我慢を したあとにゃ
きっと 花咲くときがくる
きっと 夢咲くときがくる

|

おかしくはないかい?

「政治とカネ」問題を抱えていては参議院選に負けるといって、鳩山が小沢を道連れに総理大臣を辞めたのが、わずか3ヶ月前。

その小沢が民主党代表選挙に出る。

「政治とカネ」問題は一切解決していない。

それどころか1回目の検察審査会では「起訴相当」だった。

その議決を東京地検は嫌疑不十分で不起訴としたが、国民は納得していない。

こんな人間を、日本の総理大臣となる民主党代表選挙に出してもいいのか?

民主党には他に人材はいないのか?民主党には良識はないのか?

|

生きてて よかった なあ おまえ

一(ひと)山 二(ふた)山 三(み)山 越え

苦労 山坂 乗り越えて

やっと掴んだ 幸せに

嬉し涙で 目もうるむ

生きてて よかった なあ おまえ

時が移れば 季節も巡る

冬が過ぎれば 春が来る

泣いた過去(むかし)は きっぱり忘れ

涙の分だけ 幸せを

生きてて よかった なあ おまえ

昨日(きのう)までの 悲しみを

拾い集めて 焼き捨てる

涙流して 泣いた日を

笑って 話せるときが来た

生きてて よかった なあ おまえ

|

囲い込み

管も小沢も1年生議員の囲い込みに躍起で、国民の暮らしなんてどこ吹く風。

数合わせで権力保持に懸命。

有権者が望むのは政局より政策。

それがわからないようでは、民主党も長くはない。

|

きっと いつかは

アスファルトの ほんの小さな 隙間から
顔出し 芽をふく 雑草の
強く 雄々しく 逞しい
生きる精神(こころ)を 俺も持ちたい

今が どんなに つらくとも
雪の日ばかり 続かない 
真面目に 生きれば 
きっと いつかは 報われる・・・
やがて 芽をふく 季節(とき)が来る

夢灯り どんなに遠くで かすんでも
明日を信じて 生きるのさ
木枯らし吹いて 夢が散っても
きっと いつかは 春の陽が・・・
冬が過ぎれば 春が来る

|

おさわがせ

気合だあー!気合だあー!気合だあー!

何のための気合だあー?

「政治とカネ」の疑惑の鳩山と小沢。

中でも、国民に一切説明してない小沢を民主党代表選に担ぐ動きがあるという。

そうなれば、民主党も終わりだあー!終わりだあー!終わりだあー!

|

今はひとりに・・・

忘れていいのよ 私のことは

いつか こうなる運命(さだめ)なの

悲しいけれど 泣かないわ

今は ひとりにしておいて

今は そっとしておいて

愛してあげて あの女(ひと)を

いつか こうなる運命(さだめ)なの

言い訳なんか 聞きたくないわ

今は ひとりにしておいて

今は そっとしておいて

心配しないで 私のことは

いつか こうなる運命(さだめ)なの

何も言わずに 出て行って

今は ひとりにしておいて

今は そっとしておいて

|

ウンザリ

民主党代表選の多数派工作のニュースばかり。

自民党政治を改めるといって政権交代したんじゃなかったのか?

これじゃあ、まるで自民党の派閥政治の踏襲だ。

いや、国民に期待を持たしたぶんだけ、民主党のほうが、たちが悪い。

もう、ウンザリだ、アホらし。

|

雨宿り

邪魔になるでしょ また陽がさせば 
あなたに貸した 女傘 
捨てていいのよ 荷物になれば
どうせ 一夜(ひとよ)の 雨宿り

雨よ 降れ降れ このままずっと
あなたと一緒に 暮らせたら
ごめんなさいね わがまま言って
どうせ 一夜(ひとよ)の 雨宿り

雨があがれば あなたはきっと
青空目指して 飛び立つでしょう
忘れていいのよ 私のことは
どうせ 一夜(ひとよ)の 雨宿り

|

政治の貧困

100歳以上の老人の生死不明者が続出。

家族の絆が薄れたと嘆き、年金詐欺だと騒ぐが、それはとりもなおさず政治の貧困を示す。

空港整備特別会計とかで赤字空港を量産するより、国を支えてくれた人たちの老後を見るのが先だろう。

特別会計も含め207兆円もの税金の使い道を決め、管理・監督するのが議員の仕事だ。

なのに考えるのは自分の保身ばかりだ。

仕事をしないものに高い給料を払う必要はない。

|

高負担・高福祉

福祉目的税・・・いろいろ御託を並べるが、政治不信を払拭しないと誰も信じない。

失敗しても責任を問われない議員と役人。

これじゃあ、誰も本気にならんわなあ。

信賞必罰、基本中の基本だが・・・

|

夢咲峠(ゆめさきとうげ)

越えた七坂七曲がり
曲がりくねった茨道
体も心も傷だらけ
もう一息の辛抱だ
この坂越えれば花開く
誰が名づけた 夢咲峠
夢の花咲く 夢咲峠

口にゃ出せない苦労もあるが
いつか笑って話せるときが
きっと来ると信じて生きた
もう一息の辛抱だ
この坂越えれば花開く
誰が名づけた 夢咲峠
夢の花咲く 夢咲峠

|

知恵と知識

辞書に知恵は物事の道理を判断し処理していく心の働き。物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力」、知識は「知ること。認識・理解すること。また、ある事柄などについて、知っている内容」とある。

つまり、知識がいくらあってもダメで、それを運用する知恵が必要である。

今の学校教育・家庭教育において、知識の教育はできても知恵の教育ができていない。

だから、頭でっかちな、いびつな人間ができるのだ。

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »