« 大義 | トップページ | 何を信じていいのやら »

我慢坂

 

(男)世渡り下手で 口(くち)下手で
お世辞の言えぬ この俺に
おまえは黙って 尽くしてくれた
いつも笑顔を 絶やさずに
明るく振舞う いじらしさ
口にゃ出さぬが 人並みの
幸せやりたい 愛しいおまえ

(女)うれしい あんた その気持ち
口先だけの やさしさに
惹かれる年齢(とし)は過ぎました
本音で生きる あんたの姿
好きです あんた そのままで
いつも そばに いてください
私の心が なごみます


(男)いろいろあったな なあ おまえ
(女)いろいろあったわ ねえ あんた

(男・女)長い人生 茨道
曲がりくねった 七曲がり
胸突き八丁の我慢坂

(男)越してしまえば
(女)越してしまえば

(男・女)笑って話せるときがくる

|

« 大義 | トップページ | 何を信じていいのやら »